日本呼吸用保護具工業会

トップ騒音性難聴とは

騒音性難聴とは

騒音性難聴は1から4の順に進展します。

大きすぎる騒音に長期間さらされると騒音性難聴を生じます。騒音レベルが増せばますほど、騒音性難聴になる危険性が高くなります。また連続的な音より衝撃音の方が騒音性難聴の発生率は高いといわれています。

騒音性難聴は最初に4,000 Hzあるいはその付近の周波数で聴力損失が現れます。4,000 Hz付近のみの聴力損失では、会話の聞き取りにはほとんど影響がないので、本人が気付く事が少ないのです。騒音性難聴が進むと、2,000~8,000 Hzの高音域が次第に障害されていきます。それがさらに進むと、会話が聞き取りにくくなるのです。

用語の説明
  • イ. 音圧レベル  

    音の大きさを意味し、デシベル(dB)で表されています。

  • ロ. 音の周波数  

    一秒間に繰り返される音の振動回数のことです。この単位は、ヘルツ(Hz)で表わされています。なお、人の可聴音域は、20 Hzから20,000 Hzといわれています。このうち、会話で使用する周波数域は、500~2,000 Hzといわれています。

  • ハ. 等価騒音レベル  

    時間とともに変動する騒音について、一定時間における平均的な騒音の程度を表す指標です。いいかえますと変動する騒音に対する人間の生理的、心理的反応とも比較的よく対応します。わが国では、騒音計で、10分間以上測定したときの等価騒音レベルが85 dB以上の作業場を騒音作業場といい、90 dB以上の作業場を強烈な騒音を発する場所における作業として指定されています。